化粧濃いめの黒ギャルピンサロ嬢のノーハンドフェラがすごかった話

格安風俗の代表といえばピンサロですが、どの店、どの嬢においてもサービスがいまいちなのかというと、そんなことはありません。確かに下手くそな子もいるのですが、逆に上手すぎるというくらいに上手な子もいます。今回は、私が先日行ったピンサロで出会ったピンサロ嬢、Sさんのことをお話しいたしましょう。

久々にピンサロへ!

わたくしサエキは、年中発情しておりますが、その日は特にエッチな気分でした。というのは、給料日前に少々大きな買い物をして、風俗へ行くのを我慢していたんですね。そうして給料日を迎えて、もう我慢ならんと、風俗に行くことを決意したわけです。

しかし風俗で遊ぶにしてもどのジャンルが良いでしょうか。デリヘルやソープでぱあっと遊ぶことも考えましたが、給料日の前になって金がない、遊べないとなるのもいやです。そこで私は、今日はピンサロにしておこうと決め、家を出たのでした。

思えば、給料うんぬんの前に、ピンサロ自体が久々です。あのさくっと抜いてもらう感じが良いんだよなあ、などと考えながら、私は近くのピンサロ店へ足を運びました。

化粧濃い目のギャルが来た

席に案内され、待つこと数分。その日お相手をしてくれる嬢がやってきました。その方がSさんです。身長は160cmくらいでしょうか。金髪の、かなり化粧の濃いギャルです。まつ毛はなんだかふさふさしすぎですし、今リップを引いたのか、唇はぬらぬらしています。色黒で、香水の匂いをぷんぷんさせ、衣装のセーラー服をかなりルーズに着こなしています。いかにも風俗嬢っぽい、という感じで、これはこれで興奮するんですけれども、経験上、こういう子はやる気がなかったりするんですよね。

どうなんだろう、ハズレか、それとも当たりか、なんて考えながら、私は彼女としばし雑談します。ノリはそこそこ良いですし、フランクではありますが、一応礼儀正しく接してはくれます。意外といい子なのかもしれません。

手を使わないフェラチオ

それから5分くらい話したところでしょうか、彼女が「じゃあ上乗ってもいいです?」と聞いてきましたので、いいよと答え、上に跨ってもらいます。キスをしたり、胸を揉んだり舐めたりし、軽く彼女の性器を愛撫してあげたあと、攻守交替します。私がズボンと下着を脱いで、ガチガチになったペニスを露出させると、隣に座ったSさんは「こっち向いて」と言いました。私は言われたとおり向きを変え、ソファの上に両脚を開く格好になります。その左右の脚のあいだにSさんは座り、私のペニスをウェットティッシュで拭いたあと、早速サービスを開始してくれました。

驚いたのは、彼女が一切手を使わなかったことです。陰茎を咥え込み、何かキツツキのような動きで、一定のリズムでフェラをしてくれます。休むことも、途中で手コキを挟むこともなく、お口で淡々とペニスをしごいてくれるのです。しかも根元のほうまで咥えてくれるので、かなり気持ちいい。ほどなく射精感が押し寄せてきて、私は彼女の口のなかに数日分の精液をぶちまけました。

あれくらいフェラのうまい人に、たった数千円で抜いてもらえることもあるのですから、やっぱりピンサロは良いですね。しばらくはSさんを指名しようかと思います。