寂しい夜は…ホテルでデリヘル

先日行ってきた出張先は、島根県。ちょうど山口県との県境にある津和野という田舎町でした。
出張時はその場所ならではの風俗で遊ぶことを楽しみにしているサエキですが、この津和野付近には風俗街が存在していません。
山口市や出雲方面まで足を伸ばせば、それなりに風俗店もありますが時間の都合から、そこまで行くことはできませんでした。

普通ならそこで諦めてしまうところですが、風俗大好きなサエキはこんなことで諦めてしまうような男ではありません。早漏で草食系でオタクな私ですが、風俗に対する熱意だけは誰にも負けることはないと自負しています。

こんな状況の時に強い味方となってくれるのが、デリヘルです。

風俗街がないときはデリヘル

店舗を持たないデリヘルは、風俗街以外の場所でもどんどん勢力を伸ばしてきています。これによって、これまで風俗遊びをなかなか楽しむことのできないエリアでも、利用することができるようになっています。
長距離の出張が可能なお店も地方では少なくありませんので、一部の離島などを除いて、いまやデリヘルは日本全国どこでも利用することができると言っても良いでしょう。

この津和野でもスマホで検索をかけてみるとすぐにデリヘル店をいくつか見つけることができました。

地方風俗の持つ意外性

都市部に比べて、田舎の方では風俗のレベルも低いのでは?と考えられがちです。確かに、都市部の方が人口が多い分、可愛い子の人数も多くなってきます。
しかし、地方にだってしっかりと可愛い嬢は存在しています。都会でも地雷を踏んでしまう可能性はありますので、確率の点ではそれほど大きな違いはないでしょう。

しかし、どうしても地方では情報が少なくなってきますので、お店や女の子に関するデータをなかなか知ることができません。ですので、かなり運任せになってしまう傾向にあります。 しかし、そんな運に任せてみるのも一つの楽しみととらえ、今回は指名もせずフリーで遊ぶことにしました。

地雷だったらどうしよう、という不安を抱きながら待つこと数十分…ついに女の子がやってきました。
そこに立っていたのは清楚系の美女でした。大当たりです。これこそ地方の持つ意外性の楽しみと言えるのではないでしょうか。
この幸運な偶然のおかげで、津和野での夜はとても楽しいものになりました。

現在では、大きな風俗街のない地域であっても風俗遊びを楽しむことができるようになっています。
田舎だから…と諦めるのではなく、風俗遊びのチャンスを思いっきり楽しみましょう。