絶品フェラチオと滑らか素股に悶絶!高級ヘルス体験

ピンサロでさくっと抜いてもらうのもいいですが、たまにはヘルスやデリヘルでがっつりプレイしたいものですよね。料金が高いので、そう何度も通えるものではありませんが、給料日には私は決まってそれらのちょっとお高い風俗に行くことにしています。自分へのご褒美といった感じですね。

そういったお店にいる嬢は、格安点とは違い、ルックスもテクニックもある程度良好です。このまえ出会った嬢がなかなか良い子でしたので、今回はそのときのことをお話しいたします。

キレカワなお姉さんが!

ヘルスやデリヘルを利用するとき、私は必ずオナ禁をします。3日は絶対に我慢してからお店へ足を運ぶのです。料金が高いので、思う存分楽しめるようでないと損ですからね。

そうして私は3日分の精液を溜めこんで、そのヘルスへ赴きました。店舗型で、以前何度か利用したことがあります。お店に入ると、空いていたのですぐに個室へ通されました。ベッドに座り、どんな子が来るかとドキドキしながら待っていましたら、「こんにちは」と挨拶をしながら女の子が入ってきました。綺麗で可愛い、キレカワというのがぴったりな美人です。茶色の髪は緩くウェーブがかかり、細面で、目は若干つりあがっています。一見すると気が強そうですけれども、笑うと非常に人懐っこい感じで、大人っぽい美しさと、少女のような可愛らしさを兼ね備えた方でした。

見た目のことだけで言えば、今まで出会った嬢の中でトップクラスです。しかし、見た目がよくてもサービスがダメということもありますので、油断はできません。私たちはすこし雑談をしてから、一緒にシャワーを浴びました。

巧すぎるフェラチオに暴発

シャワーを出て、ベッドに移り、早速サービスを開始してもらいます。彼女は私の上に馬乗りになって、そっとキスをしてきました。舌を絡ませ、その間私は彼女のおっぱいやお尻を触ります。余計な肉のついていない引き締まった体です。おっぱいもハリがあって揉み心地は最高。彼女は唇を離すと、私の耳を舐め、首を舐め、だんだんと下のほうへ移動していきました。足指まできっちり舐めてもらったあと、すでにギンギンになった息子を咥えてもらいます。

彼女はまず睾丸を丹念に舐めました。そして裏筋を舌と唇で擦るように舐めあげたあと、亀頭を口に含みます。そこからゆっくりと根元のほうまで咥え込んでいき、そのディープスロートを一定のスピードで、時折手コキを挟みながら続けてくれます。オナニーを我慢してきただけあって、息子は感じやすくなっておりました。すぐにいきそうになります。

「やばい、もういっちゃう」と言うと、彼女は「どうします?」と訊いてきました。二回戦をしてくれるかと聞くと、彼女はにっこりして「いいですよ」と言います。私はそのまま口内に、3日溜めこんだ精液をぶちまけました。

素股で二度目の射精!

フェラで抜いてもらったあと、すこし休憩して二回戦。今度はこちらから彼女を攻めて、濡れた性器を馬乗りの格好で擦りつけてもらいます。滑らかな動きで、丁寧に。くびれた腰がうねっているのを見るのは、どうしてあれほど興奮するのでしょう。ほんの数分で私は二度目の射精をいたしました。

その後、彼女のほうから三回戦に誘われたのですが、息子はすでに戦意喪失。オナ禁に加え、バイアグラを飲んでくれば完璧だったなと思いつつ、私は店をあとにしました。