初心者に多い「騙された!」の真相

風俗の店というのは、あいまいなことが多いものです。例えば、女の子のプロフィールや料金などがハッキリしていないということも多いでしょう。こうしたシステムは、最初のうちはなんだか、怪しげに見えるかもしれませんが、慣れていけば大丈夫です。

指名した女の子と違う子が出てきた!?

女の子を指名するうえで、最も注意しなくてはいけないこと。それは「店の情報を信じない」ということです。はっきり言って、プロフィールに書かれていることはほとんどが嘘であるといえます。一度でも指名で風俗店に入ったことがある人ならわかると思いますが、基本的にプロフィールに記載されたスリーサイズというのは当てになりません。ウエストが60cmと書かれている場合は、ほとんどがぽっちゃり体型。57cmくらいでようやく普通の体型になるといえます。

さらに、プロフィール写真についても注意しましょう。まず、口を隠している女の子はやめておいた方が無難です。人の顔というのは、目から下が実はかなり重要です。髪形や目などはセットやメイクでごまかすことができるでしょう。しかし、鼻や輪郭、そして口に関して言えば特殊メイクでもしない限りだましきることは不可能です。

そのため、顔に自信のある女の子は鼻から上を隠しています。逆に、不細工とまでは行きませんが、あまり美人ではない女の子は鼻から下に手を添えているのです。「写真では美人だったのに」というのは間違いで、写っている部分だけが美人に見せているのだということを覚えておきましょう。

店先の広告の値段以上を請求された!?

店先に出ている看板に表記された価格についても、やはり信じてはいけません。もちろん、そのままの料金で入れる良心的な店もないわけではありませんが、ほとんどの場合は広告で書いてある料金にプラスで費用が発生します。

代表的な追加料金としては、土日祝日料金があります。お店によってもまちまちですが、およそ1000円から2000円程度が必要になるでしょう。さらに、入会金というものが必要になる場合もあります。これにも 1500円程度かかる場合があるので、あらかじめ確認してから入店するようにして下さい。

ちなみに、風俗初心者の方のためにお伝えすると、ソープランドが提示している入浴料というのは、あくまで浴槽に入るための費用です。実際には、これに女の子のサービス料金というものが必要になります。この金額はなぜか伏せられている場合もあるので、その店にどうしても行きたいという時には、電話連絡をするが直接店員に確認をしましょう。

このように、風俗店に行く場合は様々なことを疑わなくてはなりません。しかし、どれも慣れてくれば何となく予想ができるものばかりです。最初のうちはついつい「だまされた!」という気分になってしまうかもしれませんが、初心者のうちは修行だと思って経験値を詰みましょう。