巨乳熟女の乳押しつけ手コキでたくさん出した出張マッサージ体験

出張先で、ちょっとマッサージでも呼ぼうかと思ったことはありませんか? ホテルには専属のマッサージ師がいたり、施設内にマッサージのお店があったりしますけれども、私は出張回春マッサージ、すなわち風俗の利用をおすすめいたします。今回は、私が出張で地方に出かけ、ホテルに出張マッサージを呼んだときのことをお話しいたしましょう。

夜中にエッチな気分に……

その日、私は仕事が終わってから、まっすぐにホテルにチェックインしました。まだ仕事が残っていたので、部屋で片付けようと思ったのです。作業は深夜まで続き、気づけば時刻は午前2時。ずっとパソコンに向かっていたせいでしょうか、眠気はまったくありません。

疲れたし、マッサージでも呼ぼうか。そう思い、スマホを取った私ですが、どうせならエッチなことをしたほうが良いような気がしてきます。それで出張回春マッサージを利用することにしたのです。その地域に、回春マッサージ師の派遣を行っている店はひとつしかなく、しかもそのお店には熟女が多くて、料金も安く、あまりクオリティには期待できなかったのですが、思えばこの選択が正解であったわけです。

むっちり巨乳のおばちゃん

そうして待つこと20分くらいでしょうか。部屋のドアがノックされ、出ていくと、そこには30代後半くらいかと思われる女性が立っておりました。彼女の名前はJさん。ぽっちゃり一歩手前くらいの、肉感的な体つきの女性で、何よりも目を引くのはその胸です。Gカップ、Hカップくらいはあるでしょうか。かなりの迫力です。この胸に顔をうずめたら、と想像すれば、息子が一瞬で硬くなります。顔はちょっと男を責めるのが好きそうな感じで、ぞくぞくしてしまいましたね。

私は彼女を中に招き入れ、ベッドに座ってしばし雑談しました。その間にちょっとした悪戯に胸を揉んだりしましたが、もうたまりません。息子が暴発寸前になってしまいました。早いとこ抜いてもらおう、そう考えて、私は「じゃあそろそろお願いしてもいいですか」と言い、自ら服を脱いで、ベッドにうつ伏せになりました。

胸を押しつけてもらいながら……

まずはうつ伏せでのマッサージです。Jさんは、そっと肌に触れてくるようないやらしい手つきで、色々なところを揉んでくれました。お尻や太ももの付け根を揉んでもらったときには、もうどきどきして仕方がなかったですね。

そのマッサージが終わると、今度は仰向けになります。Jさんは私の下着を脱がすと、手にオイルを取って、勃起したペニスを優しく包み込むように握りました。私は彼女の乳房を揉んで、途中でどうしても顔を埋めたくなり、起き上がってそのようにしました。とても柔らかくて、いい匂いがします。私は彼女に四つん這いになってもらい、顔に胸を押しつけながらしごくようお願いしました。するとJさんは快くそれを受け入れてくれ、私は目の前に来たその大きな胸を揉んだり、もう我慢できずに服の上から舐めたりしながら、手コキをしてもらいました。とても興奮しましたね。その数分後には私は精液を射出しておりました。

Jさんに出会えて運が良かったのもありますが、やはりマッサージを受けるなら、回春付きのがおすすめです。みなさんも旅行や出張の際には、ぜひ試してみてください。