極上のイメクラ!美脚ナースの太ももに挟んでもらって昇天した話

イメクラは、簡単に言えば、コスチュームプレイやシチュエーションを楽しむお店です。先日私は、その手のお店で遊んできたのですが、そこで出会ったHさんという方が、なかなかのテクニックをお持ちで、ずいぶんと楽しませていただきました。今回は、そのHさんとの体験をお話しさせていただきます。

ほろ酔い気分でデリヘルへ!

その日、私はひとりで酒を飲んでおりました。職場の近くに個人経営のいい店を見つけまして、そこで焼き鳥やなんかを摘みながら、ちびりちびりとやっていたわけです。一時間くらい飲んで、いい気持ちだなあなんて思いながら店を出た私は、今自分がちょっぴりエッチな気分になっていることに気が付きました。酔っ払うとたいがい、そんな気分になってしまうんですよね。

ちょっと風俗でも寄っていこうか。そう思い店を検索しましたら、イメクラの文字が目にとまりました。そういえばしばらくイメクラには行っていません。コスチュームプレイをするのも良いな、と考え、私はその足でお店へと向かったのでした。

美脚なお姉さんがやってきた!

その店は、厳密には「店舗型」ではありませんでした。受付で予約を取り、近くのラブホテルもしくは安いレンタルルームに移動してプレイをするのです。イメクラの中には、電車や教室のセットを用意しているところもある、というかそういう店が多いのですが、この店はそうではなかったのです。多少がっかりしつつも、予約を取って、レンタルルームに移動しました。

そうして待つこと10分ほど。ドアがノックされ、その日お相手をしてくれる嬢がやってきました。彼女がHさんです。身長が160cmないくらいでしょうか。Tシャツにショートパンツといういでたちで、手にはバッグを下げています。ほっそりとした方で、すべすべとした太ももが綺麗です。美脚といって差し支えないでしょう。

これは当たりを引いたなと思いつつ、彼女を中に招き入れ、すこし雑談します。ノリの良い子で話も盛り上がりました。5分くらいしたところで、「そろそろ……」と彼女が言い、シャワーを浴びます。体を洗って、拭いてとしてから、彼女は私が指定した衣装、ナース服に着替えました。

ナース服で責められる!

ナース服を着たHさんは、私をベッドに寝かせると、私の体のうえに跨って、キスをしてきました。そして「ほかの患者さんには内緒ですよ」とかなんとか囁いてきます。私の興奮は一瞬にして最高潮に達し、彼女の体をまさぐりながら、濃密なキスを交わしました。それからHさんは、私の皮膚の感触を確かめるように、首筋や肩、鎖骨の辺り、おなかと、唇をちゅっと押しつけたり、舐めたりして、少しずつ下へ移動していきます。すでにペニスはガチガチで、それを見たHさんんはくすくすと笑いました。

お尻を舐めてもらったり、フェラをしてもらったりと、色んなプレイをしましたが、せっかく脚がきれいなのだから挟んでもらいたいと私は思い、そのように頼んでみると、彼女はそうお願いされることが多いのか、いいですよと申し出を快諾し、仰向けに寝転がりました。何をするのかと思えば、スカートをたくしあげ、脚を上に持ちあげて、爪先をクロスし、両方の太ももの間を指さして「ここに入れて?」と、どこか女王様然とした、男を見下すような、挑発するような表情で言います。私はもう我慢ならず、その太ももの間にペニスを挿入し、ふくらはぎを掴んで、がむしゃらに腰を振りました。ほんの数分で射精してしまいましたね。

本当に楽しいプレイでした。
また近いうちにHさんと遊びたいです。